苦労するの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

苦労するの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

この記事では、「苦労する」を他の言葉に置き換える方法や同義語について解説します。

  • ビジネスシーンで使えるフォーマルな表現
  • 友人間で使えるカジュアルな表現

これらに分けて、いくつかのアイデアを紹介します。

実際に使われている言葉を集めました。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「苦労する」の言い換え

以下に、ビジネスシーンで使える、少しフォーマルな言い換えをご紹介します。

骨を折る

骨を折るは、骨が折れるほど大変なことを表現します。

身を削るような大変さを伝えたいときにおすすめです。

苦心する

苦心するは、日常的に使う「苦労する」よりもフォーマルな表現です。

会社内や取引先に使うのに適しています。

苦悩する

苦悩するは、苦しんで悩むことを表します。

「苦悩しながら新商品を開発した」のように使うと良いです。

難儀する

難儀するは、特に年配の方に対して使われることが多い表現です。

「どんなことで難儀していますか」と尋ねるときに適しています。

苦しむ

苦しむは、「苦しんだ甲斐がある」など、力を尽くして物事に取り組む際に使います。

四苦八苦

四苦八苦は、さまざまな困難に直面することを表します。

誰にでも分かりやすい表現です。

辛酸をなめる

辛酸をなめるは、苦しいだけでなく辛い経験をすることを意味します。

失敗を重ねた末に成功した人物について語る際に使うと効果的です。

臥薪嘗胆

臥薪嘗胆は、目的を達成するために苦心し努力を続けることを意味します。

重要な仕事を任されたときに使うのに適しています。

苦労を重ねる

苦労を重ねるは、何度も、または長期間にわたって苦労することを表します。

苦難を経る

苦難を経るは、特に大変な経験を経ることを意味します。

人生の中でも特に大変な時期を表現するのに適しています。

「苦労する」の意味とは?

まずは「苦労する」という言葉の意味を確認しましょう。

意味

精神的、肉体的に力を尽くし、苦しい思いをすること。

仕事や生活で困難な状況に直面することを指します。

例文

  • あの子は、小さい頃から甘やかされて育ったので、社会に出てきっと苦労するだろう。
  • 覚えなければならない仕事が多くて目眩がするほど苦労する。
  • 苦労することが必ずしも成功につながるとは限らないので、無駄に苦労することは避けたい。

注意点

  • 「苦労する」という表現にはネガティブな印象があるため、使う際には気をつける必要があります。
  • また、他人の苦労をねぎらうときには「ご苦労さま」のように使うと良いでしょう。

カジュアルでの「苦労する」の言い換え

友達同士で使えるカジュアルな「苦労する」の言い換え表現を紹介します。

骨を折る

骨を折るは、問題解決のために努力する意味で使います。

例えば、「子供が反抗期のときは本当に骨を折った」というように使います。

行き詰まる

行き詰まるは、作業が進まず、道が開けない状況を表します。

友達や年の近い同僚に使うのに適しています。

苦戦する

苦戦するは、困難に直面してもがく様子を強調する表現です。

例えば、「何に苦戦しているの?」というように使います。

悪あがきする

悪あがきするは、効果がないと分かっていても色々試みることを表します。

焦って行動する様子を伝えるときに使います。

てこずる

てこずるは、問題解決に苦しむ様子を表現します。

例えば、「このプロジェクトには本当にてこずった」というように使います。

努力する

努力するは、目標達成のために頑張ることを意味します。

例えば、「ダイエットに努力して成功した」というように使います。

大変

大変は、シンプルでカジュアルな表現です。

どんな状況でも使えます。

例えば、「最近、大変だよ」というように使います。

疲れる

疲れるは、体力や精力が消耗している状態を表します。

例えば、「家事と仕事の両立で疲れる」というように使います。

取り組む

取り組むは、何かに挑戦することを意味します。

友達と一緒に何かをする際に適した軽い表現です。

ハードルが高い

ハードルが高いは、乗り越えるのが難しい状況を表します。

例えば、「その仕事はハードルが高い」というように使います。

苦労するのカタカナ・英語の言い換え

  • トラブル
  • go to trouble take pains
  • ハードワーク
  • have a hard time
  • go through hardships

苦労するの言い換えについてのまとめ

以上が「苦労する」の別の表現のおすすめでした。

いろいろな言葉があることがお分かりいただけたと思います。

基本的な意味は同じでも、ニュアンスに微妙な違いがあるため、状況に応じて適切に使い分けることが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次