縁の下の力持ちの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

縁の下の力持ちの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

本記事では、「縁の下の力持ち」の言い換え表現についてご紹介します!

  • ビジネスで使えるフォーマルな言い換え
  • 友人同士で使えるカジュアルな言い換え

以下のように、場面に応じて使える表現をいくつか紹介しました。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「縁の下の力持ち」の言い換え

ビジネスの場で使えるフォーマルな表現を紹介します。

裏方仕事

まずは、「裏方仕事」です。

役割の意味合いが強くなる表現です。

汚れ役

次に、「汚れ役」です。

目立たない仕事やクレーム処理を担当する人を指します。

陰の立役者

三つ目は、「陰の立役者」です。

表立って活躍する人の背後で、本当に活躍している人を指します。

陰の功労者

四つ目は、「陰の功労者」です。

目立たないところで物事を成功させた人に対する尊敬の意を表す言葉です。

蔭の立役者

五つ目は、「蔭の立役者」です。

その人の存在が成功に欠かせなかったことを示します。

引き立て役

六つ目は、「引き立て役」です。

地味ながらも大切な役目を果たす人に対する敬意を込めた表現です。

黒子

七つ目は、「黒子」です。

劇で裏方の役割を果たす黒子から転じて、裏方で活躍する人を指します。

リベロ

八つ目は、「リベロ」です。

サッカーやバレーのリベロのように、縦横無尽に動いてサポートする人を指します。

例:彼がリベロのように全てのメールを拾ってくれるので、プロジェクトは円滑に進んでいる。

縁の下の力持ちの意味とは

まずは「縁の下の力持ち」の意味を確認しましょう。

意味

この表現の意味は次の通りです。

  • 他人を陰ながら支えたり努力すること。
  • 人のために裏方で支え続ける人。
  • 表立っては見えないが、影で支えてくれる人。

例文

次に、「縁の下の力持ち」を用いた例文を紹介します。

  • 彼のような縁の下の力持ちがいなければ、成り立たない。日々の感謝が必要ではないか。
  • PTAは、子供たちや学校を陰ながら支える縁の下の力持ち的な存在だ。
  • 私の仕事がうまくいっているのは、妻という縁の下の力持ちのおかげだ。

注意点

この言葉を使う際の注意点は次の通りです。

  • 感謝の気持ちがなければ、この言葉の意味が薄れます。
  • 人助けや努力をしているが、明らかに目立っている人に使うのは誤りです。
  • 人や物に対しても使えます。

カジュアルでの「縁の下の力持ち」の言い換え

友達同士で使える、カジュアルな言い換え語をいくつか紹介します。

脇役

まずは、脇役です。

中心人物を支える役割の人を指します。

裏方

次は、裏方です。

表舞台に出ず、サポートする人のことです。

名脇役

続いて、名脇役です。

他人を引き立てることに優れた人に使います。

女房役

次は、女房役です。

目立たずに支える人を指す時に使うと良いです。

助っ人

続いて、助っ人です。

助けてくれる人を指しますが、表立ってサポートする人にも使えます。

黒子

次は、黒子です。

目立たない場所でサポートする人のことです。

影の立役者

次は、影の立役者です。

その人の重要性を強調する時に使います。

陰の主役

最後は、陰の主役です。

どんな場面でも物語があり、前向きな意味を持ちます。

縁の下の力持ちのカタカナ・英語の言い換え

  • スタッフ
  • backseat player
  • バイプレーヤー
  • サポート
  • サポーター
  • unsung hero

縁の下の力持ちの言い換えについてのまとめ

以上が、縁の下の力持ちに代わる表現のおすすめです。

多くの言い換え表現があることがわかりますね。

微妙なニュアンスの違いもあるので、状況に応じて適切に使い分けましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次