寄り添うの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

寄り添うの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

本記事では、「寄り添う」の言い換え語や同義語について解説します。

  • ビジネスシーンで使えるフォーマルな言葉
  • カジュアルな場面で友人同士に使える言葉

これらのカテゴリーに分けて、いくつかのアイデアをまとめました。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「寄り添う」の言い換え

介護職の女性

ビジネスシーンで使用できるフォーマルな言い換え表現を紹介します。

連携する

「連携する」は、お互いに助け合いながら目標を達成する意味が強く、一方的ではなく協力関係を表します。

歩調を合わせる

「歩調を合わせる」は、協力し合いながら一致団結する様子を示し、意見の食い違いを解消する場面で使います。

相談に乗る

「相談に乗る」は、具体的な支援を提供する際に使いやすい表現です。

察する

「察する」は、部下の育成やプレゼンの際に思慮深さを示すのに適しています。

肩を寄せ合う

「肩を寄せ合う」は、団結して協力する様子を表現します。

結束する

「結束する」は、同じ志を持つ者が団結することを示し、チームの一体感を強調します。

協力する

「協力する」は、双方が力を合わせて行動する際に使います。

共感する

「共感する」は、ビジネスシーンで同じ感覚を共有する意味で使いやすい表現です。

右腕となる

「右腕となる」は、頼られ支える関係を表現し、パートナーシップを強調する際に使います。

サポート

「サポート」は、仲間意識や関心を示し、顧客やチームの要望に応える姿勢を表現します。

「寄り添う」の意味とは

手でハートマークを作る男女

ここでは、「寄り添う」の意味を詳しくおさらいします。

意味の解説

「寄り添う」は、以下のような意味を持ちます。

  • 物理的、または感情的に相手に近づく行為を指します。単に身体的に接近するだけでなく、心を寄せる際にも使用されます。
  • 好意的に、または支援的な意味で、他者のそばにいること。
  • 身体的または感情的に他者に接近し、支える行為。

使用例

次に、「寄り添う」を使った具体的な例文を紹介します。

  • 彼女は、怪我をして落ち込む彼のそばに寄り添い、彼を支え続けました。
  • 高齢になった父の日常生活を支えるため、私も寄り添う形で介護を行う必要があると感じています。
  • 冷たい北風を避けるため、小鳥たちは電線に密集して寄り添っている様子が見られます。

使用上の注意点

「寄り添う」を使う際の注意点は以下の通りです。

  • 主に支援や共感を示す状況で使用しますが、誤用すると自己中心的または上から目線と捉えられる恐れがあります。
  • 不適切な文脈で使用されると、例えば「痴漢が女性に寄り添っていた」のように、不快感を与える表現になってしまいます。
  • 物のペアや、本来一緒にあるべきものに対しては通常使われません(例:お箸、靴など)。

カジュアルでの「寄り添う」の言い換え

お互い寄り添うシニア男女

友達同士で気軽に使える「寄り添う」の言い換え表現をいくつか紹介します。

話を聞く

「話を聞く」は、相手の言葉をしっかりと受け止め、否定せずに耳を傾けることを意味します。

労わる

「労わる」は、同情や優しさを持って相手に接する際に使います。

特に、相手が弱っている場合に適しています。

付き添う

「付き添う」は、相手に共感することなく、ただそばにいることを意味します。

助け合う

「助け合う」は、対等な立場でお互いに力を出し合って行動する場合に使います。

近づく

「近づく」は、「寄り添う」よりもカジュアルな表現で、物理的に距離を縮めることを意味します。

協力する

「協力する」は、一対一だけでなく、複数人や組織間でも使える表現です。

共感する

「共感する」は、他人の感情や意見に同じように感じることを意味します。

「寄り添う」の感情的な側面を強調します。

わかる

「わかる」は、非常にカジュアルな共感の表現で、友人同士で気軽に使えます。

そばにいる

「そばにいる」は、物理的に近くにいることを指し、感情的な意味が薄い表現です。

いつも一緒

「いつも一緒」は、親しい友人同士で使われる、深い信頼と親和性を示す表現です。

寄り添うのカタカナ・英語の言い換え

  • ギブアンドテイク
  • cuddle
  • サポート
  • stay with me
  • snuggle up

寄り添うの言い換えについてのまとめ

これで、「寄り添う」の言い換え表現についての紹介を終わります。

多くの表現があることがお分かりいただけたでしょう。

それぞれの言葉には微妙なニュアンスの違いがありますので、状況に応じて使い分けることが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次