参考にするの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

参考にするの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

本記事では、「参考にする」の言い換え表現や同義語について解説します。

  • ビジネスシーンで使えるフォーマルな言い換え語
  • カジュアルな場面で使える言い換え語

これらに分けて、いくつかのアイデアを紹介します。

ぜひご参考にしてください。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「参考にする」の言い換え

ビジネスシーンで使える丁寧な言い換え表現を紹介します。

勉強になります

まずは「勉強になります」です。

「学ぶ」「経験を積む」という意味があり、「あなたの意見を聞いて知識が増えました」というニュアンスが強く、相手に良い印象を与えることができます。

切磋琢磨する

次に「切磋琢磨する」です。

「参考にする」は自分が他人の考えを取り入れる意味がありますが、「切磋琢磨する」はお互いに良い点を参考にしながら向上していくニュアンスがあります。

同期や同僚との間で使うのに適しています。

参照する

続いて「参照する」です。

「引用」とも言い換えられますが、「参照する」は照らし合わせる作業が含まれるため、引用より手間がかかることを表します。

すでにある事象を検証しながら話を進める際に適した言葉です。

見習わせていただきます

次に「見習わせていただきます」です。

「参考にします」より改まった表現で、目上の人に対して使うのが適切です。

相手に敬意を表することができます。

活用する

続いて「活用する」です。

「参考にする」と大きな違いはありませんが、「活用する」は直接もらったものをそのまま使う時にも使えます。

引用する

最後に「引用する」です。

他者の考えを材料に、そのまま写す場合があります。

この場合、出所を明示する必要がある場合も考えられます。

参考にするの意味とは

まずは、「参考にする」という言葉の意味について確認しましょう。

意味

「参考にする」とは、以下のような意味があります。

  • いろいろなものを調べて比べ、自分の考えを決定する助けにすること
  • 何かを行う際に、他の意見や作品を見て、自分のものに反映すること
  • 自分の手がかりやヒントにすること

例文

続いて、「参考にする」を使った例文を紹介します。

  • この分野の論文を書くには、この団体が発行している雑誌を参考にすると良い
  • 先日、同僚が効率的な方法で作業をしていたので、私も参考にしている
  • 母のメモ書きを参考にして、母の得意だった料理を再現しようとしている

注意点

この言葉を使う際の注意点は以下の通りです。

  • 参考はあくまで、自分なりに考える手助けとすることなので決定ではない
  • 「参考にする」は良い意味でも使われますが、遠回しに断られている場合にも使用され、そう受け取られることもあるので、使い方に気を付ける必要がある
  • 元のものに近い状態にするのであって、コピーするわけではない

カジュアルでの「参考にする」の言い換え

友達同士で使えるカジュアルな言い換え表現を紹介します。

真似する

まずは「真似する」です。

「参考にする」は教わったことを自分なりに解釈して反映するのに対し、「真似する」は他人のものをそのままコピーするニュアンスが強いです。

後で見てみる

次に「後で見てみる」です。

ニュアンスは同じですが、非常にフランクな言葉です。

友人間では使えますが、ビジネスシーンでは控えるべきでしょう。

見せてもらう

次に「見せてもらう」です。

「参考にする」はビジネスでも使えますが、「見せてもらう」は友人や家族など限られた関係性でのみ使えます。

引っ張ってくる

次に「引っ張ってくる」です。

「引用」と似たニュアンスがありますが、元の資料から考えや手がかりを引っ張ってくるというイメージです。

パクる

次に「パクる」です。

意見やアイデアを既存のものから持ってきて部分的に真似するというニュアンスです。

自虐的に使うことで、謙遜の意味合いも含められます。

お手本にする

次に「お手本にする」です。

難しい言い回しが不要な場面や、同等の立場の相手に対して使うのに適しています。

自分と同等の相手には特に有効です。

参考にするのカタカナ・英語の言い換え

  • reference
  • シェア
  • リファレンス
  • refer to
  • FYI

参考にするの言い換えについてのまとめ

以上が「参考にする」の言い換え表現のおすすめでした。

さまざまな表現があることがわかりましたね。

それぞれ微妙にニュアンスが異なるため、状況や相手に応じて適切に使い分けていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次