レポートの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

レポートの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

この記事では、「レポート」の同義語や言い換え表現を解説します。

ビジネスシーンやカジュアルシーンで実際に使われている言い換え語ばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「レポート」の言い換え

ビジネスシーンで使えるフォーマルな表現をいくつか紹介します。

論文

「論文」は、研究成果をまとめて発表する際に使う言葉です。

大学の教授が作成する学問の研究成果などについて書かれた文章を指します。

報道

「報道」は、政治や経済、事件などが起こった際にメディアを通じて多くの人に知らせることを指します。

報道は、現場での取材結果を発表することです。

報告書

「報告書」は、レポートよりも形式ばった書類に使われることが多い言葉です。

ビジネスで特定の事柄を伝えるために作成される書類を指します。

報告する

「報告する」は、任務や調査などの結果を告げ知らせることです。

報じる

「報じる」は、調査結果をTVや新聞などで伝えることを意味します。

文献

「文献」は、歴史的な記録物や古い資料を指します。

重要度を示す際に使われます。

調査報告

「調査報告」は、調査を行いその結果を報告することを明確にしたい時に使います。

漢字4文字でフォーマルな印象があります。

議事録

「議事録」は、日本のビジネスシーンでよく使われる言葉で、会議の内容を記録したものを指します。

レポートの意味とは?

まず、「レポート」の意味をおさらいします。

意味

  • 報告、報告書
  • 調査結果をまとめた書類
  • 調べたことを文書にまとめたもの

例文

  • 「この科目はレポート提出だったの?もう間に合わないよ。」
  • 「膨大な試験結果と調査書をもとに、最新のレポートづくりに取り組む。」

注意点

「レポート」を使う際の注意点は以下のとおりです。

  • 感想文とレポートは異なるため、混同しないようにしましょう。
  • カタカナ語なので、時と場合によっては意味が伝わりにくい場合があります。その点に留意する必要があります。
  • 現地取材を報告する際にも使われます。

カジュアルでの「レポート」の言い換え

友達同士で気軽に使える表現をいくつか紹介します。

知らせる

「知らせる」は、何かあったことや重要な情報を他の人に伝えることを意味します。

重要な内容でも軽い内容でも使える汎用性の高い言葉です。

情報

「情報」は、伝えられる内容という意味で使われますが、「伝達」という行為においてやりとりされる意味合いが強いです。

資料

「資料」は、提出する必要のある書類やデータを指します。

「資料作った?」のような使い方をすることで親しみやすい表現になります。

課題

「課題」は、特定の問題や研究テーマを指します。

レポートよりも使いやすく、「課題を提出する」のように使います。

レジュメ

「レジュメ」は、最近使われ始めた言葉で、元々の意味とは異なりますが、同じように使われることが多いです。

ペーパー

「ペーパー」は、「研究課題として書かれた論文」という意味で使われることが多いです。

大学の先生やクラスメートなど、アカデミックな場面で使うのがおすすめです。

伝える

「伝える」は、自分の考えや意図を相手や周囲の人に分かるように知らせることを意味します。

「熱が伝わる」や「電気が伝わる」という使い方もあります。

レポートのカタカナ・英語の言い換え

  • レジュメ
  • report
  • リポート
  • message
  • article
  • ペーパー
  • ドキュメント
  • インフォメーション

レポートの言い換えについてのまとめ

以上がレポートの代替表現のおすすめでした。

いろいろな言葉が存在することがわかりますね。

微妙なニュアンスの違いもあるので、状況に応じて適切に使い分けていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次