プロセスの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

プロセスの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

本記事では、「プロセス」の言い換え語や同義語について解説します。

  • ビジネスで使えるきっちりした類語
  • 友達同士でカジュアルに使える類語

以上の2つに分けて、いくつかのアイデアを紹介します。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「プロセス」の言い換え

プロセスのフローチャート

ビジネスシーンで使えるフォーマルな言い換え語を以下に紹介します。

過程

まず紹介するのは「過程」です。

プロセスは、過去から未来までの一連の流れを意味しますが、「過程」は主に過去に踏んできた経緯を指します。

経過

次に紹介するのは「経過」です。

プロセスよりも、時間や距離に関する進行を示します。

期間や時間を考慮して説明する際に適しています。

工程

続いては「工程」です。

工事や作業のスケジュール管理を示す言葉です。

プロセスよりも具体的な内容に触れる場合に適しています。

手順

最後に紹介するのは「手順」です。

物事を行う際の順序や段取りを指します。

相手先や上司に詳細をわかりやすく説明する際に使われることが多いです。

プロセスの意味とは

作業のフローチャート例

まず、「プロセス」とはどんな意味なのでしょうか?

意味

プロセスの意味は以下のとおりです。

  • 物事を進める方法
  • ある事柄の進行過程
  • 過程、仕事の手順、経緯、道筋

例文

次に、プロセスを用いた例文をいくつか紹介します。

  • 結果を出すことも大切ですが、そのプロセスを重視しています。
  • 答えが合っていても、プロセスが違います。どこかで間違えていませんか?
  • 何かに取り組む前に、そのプロセスを明確にしておくことが重要です。

注意点(違和感のある、または失礼な使い方)

プロセスを使う際の注意点は以下のとおりです。

  • 物事の工程を表現する際にも使えます。
  • 「プロセス」はカタカナ語として広く浸透していますが、日常的な日本語として使うと違和感を持たれる場合があります。
  • 口語で「プロセス」を使うと、ややかしこまった印象を与えることがあります。親しい関係の会話ではあまり使用せず、業務的や学術的な場で使うのが適しています。

カジュアルでの「プロセス」の言い換え

手続きと書かれた用紙

友達同士で気軽に使えるカジュアルな言い換え語をいくつか紹介します。

いきさつ

「物事の経過」という意味を伝えたい時に、カタカナ語を使いたくない場合に便利です。

運び

古くから使われている言い回しで、特にご年配の方が多い場面で伝わりやすい言葉です。

過程

物事の結果に至るまでの流れを親しい人にわかりやすく説明する時に使います。

経緯

物事の流れやその経過を意味します。

どのように手順を踏んだのか、その流れを説明する時に適しています。

経過

「プロセス」は主に作業に使う語ですが、「経過」は「病状の経過を見る」のように、状態の変化を表現する際に使います。

日常生活でも「経過は順調なの?」のようにフランクに使えます。

手順

物事をする時の順序や段取りを表します。

日常的な場面でもよく使われる言葉です。

進捗

「作業が進んでいるか」という意味で使います。

最近は「進捗どう?」や「進捗だめです」のように気軽に使われます。

段取り

ある事柄を一つ一つ区切って説明する際に使います。

他者にやり方を説明する時に適しています。

方法

目的が明確で、その目的を達成するためのやり方を表します。

様々な場面で使われ、哲学用語としても使われることがあります。

流れ

「プロセス」は過程を一つ一つ区切るニュアンスがありますが、「流れ」は過程全体を指す意味合いがあります。

プロセスのカタカナ・英語の言い換え

  • フロー
  • バックグラウンド
  • ヒストリー
  • プロトコール
  • オペレーション
  • instance
  • arrangement

プロセスの言い換えについてのまとめ

以上がプロセスの言い換え語のおすすめです。

多くの言葉があることがわかりますね。

それぞれのニュアンスの違いを理解し、シーンに応じて使い分けていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次