コンタクトを取るの言い換えは?ビジネス・カジュアル別に解説!

コンタクトを取るの言い換えは?ビジネス・カジュアル別に解説!

この記事では、ビジネスや友人間でのコミュニケーションにおける「コンタクトを取る」の別表現やそれらが持つ類似の意味について説明します。

ここでの表現は、フォーマルなビジネスシーンやよりリラックスした友人同士の会話に適したものに分けて紹介します。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「コンタクトを取る」の言い換え

コンタクトを取るのビジネスシーンで使える言い換え表現は、以下の通りです。

アプローチする

一方的に相手に近づく意味合いを持ち、「コンタクトを取る」と比較して積極的なアクションを示します。

アポイントを取る

より具体的な相手との接触を目指す場合に使用し、一歩進んだ関係構築を意図します。

ご挨拶する

敬意を表して初対面の人との接触を図る表現で、自己紹介や最初の接触を意味します。

接触する

基本的には「コンタクトを取る」と同じですが、良好な関係構築の意志がより強調されます。

接触をはかる

相手との距離を縮め、探りを入れるような場面で用います。

接点を持つ

初めての関係性を築く際に使い、新たな関わり合いを始めるニュアンスがあります。

提携する

企業や団体間の協力関係を示し、互いに支援し合う意味合いが含まれます。

連絡する

元の表現よりもニュートラルであり、幅広いシチュエーションで活用できる表現です。

コンタクトを取るの意味とは

「コンタクトを取る」の意味とその使用法について解説します。

意味とは

「コンタクトを取る」という表現は、基本的には以下のような状況を指します。

  • 人と人との間に継続的な関係を保つこと。
  • 互いに通信を行い合うこと。
  • 自らの意志で他者に接触を試み、関係を築く行為。

実例

次に、「コンタクトを取る」を使用した具体的な例を挙げます。

  • 大手企業の経営者には、容易にアプローチすることが困難で、このような機会は稀です。
  • 取引先との業務上の会議のため、連絡を取り合います。

使用上の注意

このフレーズを用いる際には、以下の点に留意してください。

  • この言葉は、持続的に連絡を取り合う場合にも使用されます。
  • 「上司にコンタクトを取る」といった、社内や家族間での使用は、場合によっては不適切と感じられる可能性があります。
  • 「コンタクトを取ったら痛かった」といった、眼鏡のコンタクトレンズとの混同を避けるように注意しましょう。この表現は、他者への積極的なアクションを意味する際に使用されます。

カジュアルでの「コンタクトを取る」の言い換え

このテキストでは、友人間や気軽な関係での「コンタクトを取る」の代わりに使える表現をご紹介します。

  1. アポを取る – 親しみやすく柔軟な印象を与え、身近な人とのコミュニケーションに適しています。
  2. マッチングする – カジュアルでスタイリッシュな印象を持ち、私的なシーンでの使用が向いています。
  3. 会ってみる – 「試しに会う」という意味で、目的を持っての軽い約束に使われます。
  4. 関わる – 既知や未知の人々との新たな関わり合いを意味し、カジュアルな雑談に最適です。
  5. 関係を結ぶ – 直接的でありながら中立的な用法で、特定の文脈に限らず使用できます。
  6. 偶然会う – 偶発的な出会いや縁を表現する際に用いられる言葉です。
  7. 会う機会を作る – よりカジュアルな接触を求める際に使われ、「コンタクトを取る」よりも気軽なニュアンスです。
  8. 接点を見つける – 相手との共通点や関係性の構築に適した表現です。
  9. 待ち合わせる – 予定を立てて特定の場所で会うことを指し、友達との出会いにぴったりです。
  10. 連絡を再開する – しばらく連絡が途絶えていた相手との再接触を意味します。

これらの表現は、日常生活でのさまざまなシチュエーションにおいて、人との繋がりをよりリラックスして、かつ効果的に築くために役立ちます。

コンタクトを取るのカタカナ・英語表現

このセクションでは、「コンタクトを取る」の代わりに使える横文字やカタカナ英語の表現をご紹介します。

  • アポイントメント
  • リザーブ
  • ミーティング
  • アポイント
  • コミット
  • contact
  • communicate with
  • get in touch
  • have a point of contact

コンタクトを取るの言い換えについてのまとめ

これらはすべて基本的に似た意味を持ちつつも、状況や文脈に応じて微妙なニュアンスの違いがあります。

適切な場面での適切な用語の選択がコミュニケーションをスムーズにし、意図を明確に伝えることに繋がります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次