ゆっくりの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

ゆっくりの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

この記事では、「ゆっくり」の別の言い方や同義語について解説します。

  • ビジネスで使える丁寧な表現
  • 友人同士で使えるカジュアルな表現

これらのカテゴリーに分けて、いくつかのアイデアをまとめました。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「ゆっくり」の言い換え

ゆっくりとくつろぐ男女

ビジネスシーンで使用できるフォーマルな言い換え表現をご紹介します。

遅々として

「遅々として」は、進捗が遅いことを少しネガティブに表現します。

段々に

「段々に」は、ゆっくりと着実に進むことを意味し、順を追って進行するニュアンスがあります。

漸進的

「漸進的」は、手順を踏んで少しずつ進むことを表します。

徐々に

「徐々に」は、少しずつ変化する様子を表します。

自身のペースで

「自身のペースで」は、急がせる感じが少ない表現です。

緊急ではございません

「緊急ではございません」は、相手に急がないように促す表現です。

緩徐に

「緩徐に」は、公文書やビジネス文書で使われる、固い印象の表現です。

緩やかに

「緩やかに」は、動きや勢いが激しくない様子や、規則が厳しくないことを示します。

おもむろに

「おもむろに」は、落ち着いてゆっくりと行動する様子を表し、より改まった難易度の高い語彙です。

「ゆっくり」の意味とは

ゆっくりの時間に起きる女性

まず、「ゆっくり」の意味について確認しましょう。

意味

「ゆっくり」の意味は以下の通りです。

  • 動作が遅い様子。急いでいないこと。
  • 動作が遅く、時間に余裕がある状態。
  • 動作を急がず、時間をかけて行うさま。十分な余裕があるさま。

例文

次に、「ゆっくり」を使った例文をいくつかご紹介します。

  • こちらは時間に余裕がありますので、ゆっくりと慌てずにお越しください。
  • 「たまに帰って来た時くらいはゆっくりしなさい」と、いつも娘を迎えてくれる優しい母。
  • おばあちゃん、立つのはゆっくりで大丈夫です。焦らないでくださいね。

注意点

「ゆっくり」を使用する際の注意点は以下の通りです。

  • 時間だけでなく、範囲などの広さにも使われることがある。
  • 相手の穏やかさや心優しさといった性格を表す際には使わない。
  • 批判的に受け取られる可能性があるため、注意が必要です。

カジュアルでの「ゆっくり」の言い換え

ハンモックでくつろぐ女性

友達同士で気軽に使える「ゆっくり」の言い換え表現をご紹介します。

着実に

「着実に」は、落ち着いて進む様子を示し、「急がなくても大丈夫だよ」というリラックスした雰囲気を醸し出します。

ゆるゆると

「ゆるゆると」は、相手が緊張しているときに、気を楽にするための言葉として使うのに適しています。

ゆったり

「ゆったり」は、リラックスしていて、ゆとりのある様子を表現するのにぴったりです。

のんびり

「のんびり」は、心が解放されてリラックスしている様子を伝えます。

のろのろ

「のろのろ」は、動きが遅く、ぐずぐずしている様子を示します。

のろい

「のろい」は、相手を責めるようなニュアンスを含み、あまりポジティブな意味では使われません。

のどかな

「のどかな」は、心がくつろいでのびのびしている様子や、穏やかな天気を表現するのに使われます。

そろりそろり

「そろりそろり」は、慎重に動く様子を示します。

じっくりと

「じっくりと」は、物事を深く考えるよう促す際に使える言葉です。

特に、判断や決断に時間をかけるべき場面で有用です。

ゆっくりのカタカナ・英語の言い換え

  • unhurriedly
  • リラックス
  • マイペース
  • スローリー
  • take time
  • slowly
  • slow pace

ゆっくりの言い換えについてのまとめ

今回は、「ゆっくり」を表現するための多様な言い換え語をご紹介しました。

これらの言葉が多様に存在することを知っていただけたかと思います。

それぞれの言葉には微妙なニュアンスの違いがありますので、状況や目的に応じて使い分けることが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次