なんだかんだの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

なんだかんだの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

この記事では、「なんだかんだ」の言い換え語や同義語(類義語)について解説します。

  • ビジネスで使えるきっちりした類語
  • 友人同士でカジュアルに使える類語

これらのカテゴリーに分けて、いくつかのアイデアをまとめました。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「なんだかんだ」の言い換え

ビジネスで使えるフォーマルな言い換え語を紹介します。

様々

まずは「様々」です。

よりかっちりとした堅苦しいニュアンスを感じさせる表現です。

フォーマルな文書で使うのにも適しています。

あれこれ

次は「あれこれ」です。

より畏まったニュアンスを帯びた表現で、ビジネスシーンのみならず、カジュアルな会話でも使われることがあります。

あれやこれや

次は「あれやこれや」です。

元のワードと比べて、自分自身が忙しく働いていたというニュアンスを付加しやすいです。

さまざまな

次は「さまざまな」です。

「さまざまなご意見」という表現で、角を立てずに使うことができます。

ひと騒動

次は「ひと騒動」です。

騒ぎがあったことを意味し、問題が発生したものの現在は落ち着いている状態に適しています。

もろもろ

次は「もろもろ」です。

「あれこれ」「なんだかんだ」と同じような時に使われる言葉です。

苦渋の末

次は「苦渋の末」です。

かなりの苦痛を伴ったというニュアンスがあり、同情を誘いたい時に使えます。

試行錯誤

次は「試行錯誤」です。

思慮深さが感じられ、難しい印象を与えます。

難しく考えたことや一生懸命になった意志を伝えたい時に使えます。

色々

次は「色々」です。

元のワードもこのワードも、曖昧で詳細は不明ですが、フォーマルな場面でも使いやすい表現です。

紆余曲折

最後に「紆余曲折」です。

複雑な事情があったことを表し、苦心したことを示す場面に適しています。

「なんだかんだ」の意味とは

まずは「なんだかんだ」とはどんな意味なのかをおさらいします。

意味

「あれやこれや」「いろいろなこと」という意味です。

例文

  • 家にいると、なんだかんだすることがあって、結構忙しくしています。
  • 普段は素っ気無いけど、なんだかんだで私のことを心配してくれる彼の存在は大きいです。
  • それから先、なんだかんだあって、結局のところ二人は和解した。

注意点

この言葉を使う際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 口語的な表現であり、フォーマルな文書には不向きです。
  • ビジネスや公共の場で使うのは砕け過ぎていて、相応しくないです。
  • 「騒動や悶着」「色々な事柄」などを指すことができますが、曖昧にぼかした表現なので、相手の求めに応じて具体的内容を補足する必要があります。

カジュアルでの「なんだかんだ」の言い換え

友人同士で使えるカジュアルな言い換え語を紹介します。

すったもんだ

まずは「すったもんだ」です。

ユニークなニュアンスを感じさせ、感情を込めて話をしたい時に使うと、会話が弾みやすいです。

あーだこーだ

次は「あーだこーだ」です。

さらに砕けた表現で、それについての興味のなさが表現できます。

あれこれ

次は「あれこれ」です。

軽く流したい時や、さす内容を相手に探らせたくない時に使えます。

ガヤガヤ

次は「ガヤガヤ」です。

いろんなことを言っている状態を擬音で表し、カジュアルな言葉です。

しのごの

次は「しのごの」です。

古い表現ですが、大人世代には通じやすく、より威勢良く伝えられます。

とか言っても

次は「とか言っても」です。

会話でも文面でも気軽に使え、少し皮肉が含まれるイメージです。

とにかく

次は「とにかく」です。

元のワードより短く、省略した形で、話し言葉よりメール等の文章で使うことが多いです。

なんやかんや

次は「なんやかんや」です。

「だ」を「や」に変えた表現で、より適当でやさぐれた雰囲気が生まれ、感情が乗せやすいです。

ぶっちゃけ

最後に「ぶっちゃけ」です。

元のワードをさらに軽く大げさにした表現で、疲れたというマイナスなことを話す時でも、茶化して言うことで笑い飛ばせます。

なんだかんだのカタカナ・英語の言い換え

  • even though
  • トラブル
  • サムシング
  • クレーム
  • After all
  • somehow
  • this or that 
  • anyway

なんだかんだの言い換えについてのまとめ

以上が「なんだかんだ」の言い換え語のおすすめ一覧でした。

いろいろな表現があることがおわかりいただけたと思います。

基本的な意味は共通していても、ニュアンスが少しずつ異なるため、状況に応じて適切な言葉を使い分けましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次