するかどうかの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

するかどうかの言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

この記事では、「するかどうか」に関する異なる表現や同義語を解説します。

  • ビジネスシーンで使える丁寧な表現
  • カジュアルな会話で使える表現

これらを、いくつかのアイデアに分けてまとめました。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「するかどうか」の言い換え

ビジネスシーンで使用できる、フォーマルな言い換え表現を紹介します。

いちかばちか

まずは「いちかばちか」です。

「いちかばちか」は、成功するか失敗するかわからないが、リスクを覚悟して挑戦することを意味します。

「いちかばちかの勝負に出よう」といった形で、リスクを恐れずに行動する意志を伝える際に使われます。

するか否か

次は「するか否か」です。

「するか否か」は、冷静な判断が求められる場面で使用されます。

ビジネスのシーンで冷静な決断が必要な時に適しています。

なすかなさぬか

3つ目は「なすかなさぬか」です。

元の表現がカジュアルで口語的であるのに対し、「なすかなさぬか」は古風でやや大げさな表現です。

時代劇などのセリフに適しています。

のるかそるか

4つ目は「のるかそるか」です。

成功するか失敗するかを示す表現です。

「のるかそるかの大博打に出るのは賢明ではない」といった形で、極端な行動を戒める際に使用します。

可否

5つ目は「可否」です。

「するかしないか」は個人の意思を示すのに対し、「可否」は状況や条件に基づいた判断を表します。

行うか否か

6つ目は「行うか否か」です。

元の表現に比べると、よりフォーマルで改まった印象を与えます。

社内での会話に適しています。

行動の是非

7つ目は「行動の是非」です。

「行動の是非」は熟語を組み合わせた表現で、公式な文書やメールでも使用可能です。

実行するか否か

8つ目は「実行するか否か」です。

直截的に元の言葉を置き換えたもので、フォーマルな場面や決断を迫られる場面に適しています。

実施か中止か

9つ目は「実施か中止か」です。

「する、しない」をビジネスで表現する際には、「実施」や「中止」という言葉が使われます。

正式な書面でも使用可能です。

是非

10個目は「是非」です。

「是非」は物事の適否や正否を問うニュアンスがあります。

判断を相手に委ねる際に適しています。

「するかどうか」の意味とは

まず、「するかどうか」という表現の意味について確認しましょう。

基本的な意味

  • 何かを行うかどうかという選択
  • 特定の行動について、理由や要素を考慮して実行するかどうかを決める
  • 何かをするかしないかを問う言葉です。

例文

次に、「するかどうか」を使った例文を紹介します。

  • ポストに空手のチラシが入っており、空手をするかどうか考え中です。
  • 今月は友達との飲み会をするかどうか迷っているので、予定が立てづらいです。
  • 連絡するかどうか非常に迷った末、結局は電話で連絡しました。

注意点

  • まだ決まっていない曖昧な状況で使われることが多いです。
  • 話し言葉には適していますが、書き言葉では適切な言い換えが必要です。
  • 動詞と組み合わせて使いやすいため(例:「実行するかどうか」)、例文のように独立した形で使うのは少し難しい点に注意が必要です。

カジュアルでの「するかどうか」の言い換え

友達同士の会話で使えるカジュアルな言い換え表現を紹介します。

ありなし

まずは「ありなし」です。

「するかどうか」よりも直感的で、素早い判断が必要な時や軽い話題に適しています。

するかしないか

次は「するかしないか」です。

「しないか」という選択肢が明確に述べられているため、友人同士の会話でよく使われます。

どのみち

続いて「どのみち」です。

「どちらにせよ」という意味で使われます。

どちらにしても結論が同じという状況に適しています。

まだ分からない

4つ目は「まだ分からない」です。

はっきりとした答えが出ていない状態で、決めかねている場合や全く白紙の状況でも使われます。

やるかどうか

5つ目は「やるかどうか」です。

意味はほぼ同じですが、より強い印象を与えます。

ラフな表現のため、目上の人には使わず親しい人にのみ適しています。

やるかやらないか

6つ目は「やるかやらないか」です。

同じようなニュアンスを持ち、二択で迷っている状況を相談する際に適しています。

やるやらない

7つ目は「やるやらない」です。

さらに親しい人との会話でよく使われる表現です。

友達や家族との会話に適しています。

実施か中止か

8つ目は「実施か中止か」です。

イベントなどに関しては「実施」や「中止」という明確な言葉を使うことで、内容が相手にしっかり伝わります。

迷っている

9つ目は「迷っている」です。

どちらにするか決めかねている様子を表します。

複数の選択肢がある中で決められない場合に使われます。

様々な場面で適用できる表現です。

するかどうかのカタカナ・英語の言い換え

  • to do or not to do
  • セレクト
  • チョイス
  • ドゥーオアノット
  • do not
  • propriety
  • ゴー・アヘッド・オア・キャンセル

するかどうかの言い換えについてのまとめ

以上が、「するかどうか」の言い換え表現の紹介でした。いろいろな言葉があることがわかりますね。基本的な意味は同じでも、ニュアンスの違いがあるため、状況に応じて使い分けることが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次