「読む」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

「読む」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

この記事では、「読む」の別表現や類義語について解説します。

ビジネスシーンで使える、フォーマルな言い換えやカジュアルで使える言い換えなどご紹介します。

それぞれのシチュエーションに適した言葉をまとめてみましたので、参考にしてください。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「読む」の言い換え

以下に、ビジネスシーンで使える、少しフォーマルな言い換えをご紹介します。

理解する

「理解する」は、「読む」には声に出して読む意味も含まれる一方で、理解するは内容を把握することを主に指します。

目を通す

「目を通す」は、ビジネスシーンで「読んでおいてください」よりも礼儀正しい表現として使われます。

紐解く

「紐解く」は、深く考察する場面で使うのに適した言葉です。

拝読する

「拝読する」は、目上の人からもらった資料などを読む際に使う謙譲語です。

ビジネスメールでの返信に使うと、より丁寧な印象を与えます。

拝見する

「拝見する」は、書物や資料等を確認することを丁寧に表現した言葉です。

読み取る

「読み取る」は、文字や感情を読むだけでなく、コンピューターの記号やバーコードを認識する際にも使います。

解釈する

「解釈する」は、深く理解する要素が強く、例えば会社の提案に対する意見などで使えます。

閲覧する

「閲覧する」は、「読む」と同じ意味を持ちますが、主に改まった場面で使われます。

読むの基本的な意味とは?

まず、「読む」の意味をおさらいします。

意味

  • 「読む」は、文書や書物に書かれたものを理解することを指します。
  • また、声に出して読むことも含まれます。

例文

  • 女優が実年齢より若く年齢を公表していた。芸能人はよくサバを読む。
  • スムーズな進行のために、友人から借りている資料を読むことで事前に内容を把握する。
  • 小説を読むことは、まるで他人の人生を追体験できるようでとても楽しい。

注意点

  • 「読む」は文字や実体のないものに対しても使うことができるため、状況に応じて適切に使い分けることが重要です。
  • また、動詞としての使用にも注意が必要です。

カジュアルでの「読む」の言い換え

友人同士で気軽に使える「読む」の別表現を紹介します。

理解する

「理解する」は、書かれた内容を見て解釈することを意味します。

また、相手の立場に立って考える場合にも使えます。

目を通す

「目を通す」は、資料をさらっと閲覧する時に使います。

例えば、「この前渡された資料、もう目を通した?」といった使い方です。

分かる

「分かる」は、チャットなどのフランクなやり取りで短文で使うことが多いです。

軽いニュアンスを持ちます。

知っておく

「知っておく」は、理解するまではいかないが、記憶に留めておいてほしい時に使います。

触れる

「触れる」は、「読む」よりも感覚的な意味合いを持ち、勘が働く時などに使うと効果的です。

見る

「見る」は、具体的に読む必要がないものに対して使います。

雑誌の表紙や広告の文字などに対して、漠然と把握してほしい時に使えます。

確認

「確認」は、文章に限らず状況を把握する時にも使える便利な言葉です。

読むのカタカナ・英語の言い換え

  • リーディング
  • read
  • リード
  • チェックする
  • understand

読むの言い換えについてのまとめ

以上が「読む」の代替表現のご紹介でした。

多くの異なる表現が存在することがわかりますね。

それぞれの言葉には微妙なニュアンスの違いがあるため、場面や状況に応じて使い分けることが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次