「範疇」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

「範疇」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

この記事では、「範疇」の言い換え表現や同義語について詳しく解説します。

  • ビジネスシーンで使えるフォーマルな同義語
  • カジュアルな場面で使える同義語

に分けていくつかのアイデアを紹介します。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスシーンでの「範疇」の言い換え

ビジネスで適用できるフォーマルな言い換え表現を紹介します。

領域

まずは「領域」です。

「範疇」は同じ性質の領域を指すニュアンスがありますが、「領域」は物事や人が関わる範囲を指すニュアンスがあります。

特に、ある力や作用が及ぶ範囲や、コンピューターのプログラム操作が影響する範囲を示すときに使用します。

分野

次は「分野」です。

人間の活動における分化した一つの領域、または物事全般のうちの特定の方面を指します。

部類

次は「部類」です。

種類によって分類することや、区別されたグループを指します。

部門

次は「部門」です。

全体を区分けした部分を指し、特に企業で役割を分割するために組織を区切る単位として使われます。

範囲

次は「範囲」です。

一定の広がりや限られた領域を指し、「できる範囲で協力する」などのフレーズで使われることが多いです。

種別

次は「種別」です。

種類や種目による区別や分類を意味します。

同じ種類のものをさらに細かく分けるときに使います。

階級

次は「階級」です。

役職ごとに分けることがあり、仕事の範囲を指定する言葉として使われます。

クラス

次は「クラス」です。

等級や階級、層などを意味し、能力などによって人を分類する際に使われます。

カテゴリ

次は「カテゴリ」です。

「範疇」よりカジュアルな響きがあり、ビジネス文書においてアクセントとして使用するのがおすすめです。

「範疇」の意味とは?

まずは「範疇」の意味をおさらいします。

意味

「範疇」とは、同じ性質のものが含まれる範囲や、哲学であらゆる事象を分類できないところで包括する基本概念を指します。

特定の枠組みの中にあるという意味もあります。

例文

続いて、「範疇」を用いた例文を紹介します。

  • これはこちらの仕事の範疇ではないため、判断はできかねます。
  • あなたは十分可愛い女の子の範疇に入ると思います。部長のお眼鏡にかなうでしょう。
  • 新庁舎に建て替えることになったが、完成予想図は想像の範疇を超えていました。

注意点

この言葉を使ううえでの注意点は以下の通りです。

  • もともと哲学の分野で使われていた言葉です。
  • 同じ性質の領域を表現したいときは「範疇」を使用しますが、性質に関係なく特定の領域を表現するときは「範囲」を使うようにしましょう。
  • 範囲を超えるときには否定語とともに使います。

カジュアルでの「範疇」の言い換え

友達同士の会話で使えるようなカジュアルな言い換え表現を紹介します。

分野

まずは「分野」です。

「範疇」は似た性質の事物が属する領域を示しますが、「分野」は特定の人が得意または苦手とする領域を示しやすいです。

例えば、誰かの得意分野や専門分野を説明する際に使うのがおすすめです。

部類

次に「部類」です。

種類ごとに分けたグループを指し、例えば「優等生の部類に入る」というフレーズで使うのに適しています。

部門

続いて「部門」です。

「営業部門」など、全体をいくつかに分けた部分の表現に使うのがおすすめです。

範囲

4つ目は「範囲」です。

「範疇」が類似の事物が属する領域を示すのに対し、「範囲」は事物の及ぶ広さを示します。

例えば、「今度のテスト範囲はどこからどこまでですか」といったフレーズで使うのに適しています。

種類

5つ目は「種類」です。

概念的に分類されたものに使います。

食べ物や動物など、大きなくくりがあるものに適しています。

種別

6つ目は「種別」です。

種類や種目によって区別することを意味し、例えば「標本を種別する」といったフレーズで使うのがおすすめです。

階級

7つ目は「階級」です。

職責や命令系統に基づいて人を等級付けすることを意味し、地位や身分の等級を表すときに使います。

科目

8つ目は「科目」です。

「範疇」が同じ性質の領域を指すのに対し、「科目」はいくつかに分けたそれぞれのものを指します。

学問の区分や学校の教科を分類する際に使います。

カテゴリー

9つ目は「カテゴリー」です。

概念的に物事を分類する際に使います。

はっきりと分かれるため、シンプルでわかりやすい表現です。

範疇のカタカナ・英語の言い換え

  • カテゴリ
  • category
  • scope
  • range
  • レンジ

範疇の言い換えについてのまとめ

以上が「範疇」のカジュアルな言い換え表現のおすすめでした。

さまざまな言葉があることがわかりますね。

基本的な意味は同じでも微妙なニュアンスが異なるため、場面に応じて適切な言い換え表現を使い分けていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次