「未来」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

「未来」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

本記事では、「未来」の言い換え語・同義語(類義語)を解説します。

  • ビジネスで使えるきっちりした類語
  • 友達同士でカジュアルで使える類語

に分けていくつかのアイデアをまとめました。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「未来」の言い換え

以下に、ビジネスシーンで使える、少しフォーマルな言い換えをご紹介します。

将来

まずは「将来」です。

今からあまり遠くない、これからの時を指しやすい。

「IT業界の将来は明るい」というように、前途がもうすぐさらに明るくなるというのを説明する際におすすめです。

今後

2つ目は「今後」です。

未来という漠然とした時間より現実的に近い実現可能な未来というニュアンスがあります。

きっちり日時は決められないが、具体的に話を進めたい、次のスケジュールを組みたいときにおすすめです。

後々

3つ目は「後々」です。

未来というと、遠くの将来のような掴みづらい時点のことを指すような印象がありますが、ビジネスの場で用いる場合には「後々」といった言葉が使いやすいです。

この先

4つ目は「この先」です。

こちらも今後と同じように未来より使いやすい言葉です。

「この先やっていけない」などのように、今後よりネガティブなイメージが大きい場合に使います。

先行き

5つ目は「先行き」です。

今後の成り行き、将来の見通し、ゆくすえという意味で、未来と同じようなシーンで使用することができます。

以後

6つ目は「以後」です。

担当が前任者から自分へと変わったときなどに、相手先に「以後お見知りおきをお願いいたします」というような使い方をするのがおすすめです。

行く先

7つ目は「行く先」です。

「行く先が不安ですね」というフレーズはたまに耳にしますが、未来と同じ意味で、ビジネスでも使える表現です。

行く末

8つ目は「行く末」です。

過去とは逆に、今から遠く離れた時を指します。

「日本の行く末を案じる」という具合に、遠いこれからのことに不安を抱いているのを明かすうえで、使用が推奨される表現です。

将来的に

9つ目は「将来的に」です。

ビジネスとしてお互いにためになる話をしようというニュアンスが含まれます。

ビジョンを共有したいときにおすすめです。

後日

10個目は「後日」です。

本日以降の日が「後日」で、後日は未来です。

「後日、改めて契約のご説明をさせていただきます」のように使うと良いです。

「未来」の意味とは?

まずは「未来」とはどんな意味なのかをおさらいします。

意味

  • まだ訪れていない時間。
  • 過去でもなく今でもない時間のこと。
  • これからのこと。

例文

  • 100年後の未来はきっと、誰もが宇宙旅行に行けるようになっている。
  • 残念ながら、人工知能にますます多くの仕事を奪われる未来はそう遠くないだろう。
  • 子供たちの未来を守るために今できることをするのが、今を生きる大人たちの責任だ。

注意点

  • 本日の次の日の未来は「明日」のように言葉を変えたりします。
  • 味覚に関わる細胞である味蕾と読みが同じであるため、それにまつわる専門的な話をする際は代わりに「将来」や「これから」という言葉を使うべきです。
  • 今より後の時間軸の話をしていないときに使わないこと。

カジュアルでの「未来」の言い換え

友達同士で使えるカジュアルな言い換え語を紹介します。

先々

最初に紹介するのは「先々」です。

具体的な時期を断定せずにこれから先のことを表現する際に便利です。

近い将来も遠い未来もこの言葉でカバーできます。

将来

カジュアルな言い換え語の2つ目は「将来」です。

訪れていない時間を指しますが、「未来」とは異なり、具体的なイメージがしやすいのが特徴です。

「将来は医師になる」のように使うと良いです。

これから

次は「これから」です。

比較的近い未来を指すカジュアルな表現です。

この後の予定を決める際に「未来」よりも「これから」が適切です。

後々

4つ目は「後々」です。

これから訪れる近い将来を指します。

「前途」という意味合いがあり、未来と同じようなシーンで使用できます。

いつか

5つ目は「いつか」です。

「未来」と比べて堅苦しさがなく、フランクに将来のことを指せます。

「いつか旅行に行こう」のように使うと良いです。

この先

6つ目は「この先」です。

「未来」と同様に漠然としていますが、「未来」よりも近い将来を指します。

比較的身近な未来に使われます。

後の世

7つ目は「後の世」です。

この後に来る時代を指します。

「未来」と異なり、死後や来世のことを意味する場合もあります。

行く末

8つ目は「行く末」です。

これからの成り行きを指します。

人や会社、世の中の未来について話す際に使われることが多いです。

〇〇年後

9つ目は「〇〇年後」です。

漠然とした未来ではなく、具体的な時期を示します。

スケジュールが明確になる場面で便利です。

フューチャー

最後に紹介するのは「フューチャー」です。

英語由来の言葉で、少しキザな感じがします。

「ノーフューチャーだよ」とおどけて使うこともできます。

未来のカタカナ・英語の言い換え

  • from now on
  • フューチャー
  • future
  • in the near future
  • hereafter
  • someday

未来の言い換えについてのまとめ

以上が「未来」のカジュアルな言い換え語のおすすめでした。

さまざまな言葉があることがわかりますね。

基本的な意味は同じでも微妙なニュアンスの違いがありますので、TPOに合わせて言い換え語を使い分けましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次