「寝る」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

「寝る」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

この記事では、「寝る」の言い換え表現や同義語を解説します。

ビジネスシーンで使えるフォーマルな表現と、友人同士で使えるカジュアルな表現を分けて紹介します。

実際に使用されている言葉ばかりなので、ぜひ参考にしてください。

目次

ビジネスでの「寝る」の言い換え

明るい場所で寝る女性

眠る

心身が一時的に低下し、目を閉じて無意識の状態になることを表現します。

「すやすやと眠る」など、ビジネス文書や丁寧な会話で使うことができます。

眠りにつく

「寝る」よりも少し丁寧なニュアンスを持つ表現です。

目上の方との会話で使いやすい言葉です。

睡眠をとる

漢語を含むため、改まった感じがあります。

「良い質の睡眠をとる」というように、商品説明や改善策を話す際に使います。

就眠

「寝る」をより丁寧にした言葉です。

目上の方に対して使うのに適しています。

就寝する

漢語が入っているため、改まった響きがあります。

「就寝する平均時刻」など、文章で改まった調子で伝えたいときに使います。

仮眠

短時間横になって休むことを伝える表現です。

短い休憩を取ることをわかりやすく説明する際に使います。

横になる

体を横に倒して休むという意味です。

丁寧な言い方で、誰にでも使える表現です。

お休みになる

「寝る」に比べて丁寧で、相手を敬った言い回しです。

目上の方に対して、相手を気遣い休息を促す時に使います。

「寝る」の意味とは

猫が寝ている様子

まずは「寝る」という言葉の意味について確認しましょう。

意味

「寝る」には以下のような意味があります。

  • 商売が振るわず、資本や商品が動かない。
  • 体を横たえる。
  • 体や脳を休ませること。
  • 眠りにつく。寝床に入る。
  • 病気で床につく。寝込む。

例文

次に、「寝る」を使った例文をいくつか紹介します。

  • 今日は仕事で上司に褒められたから、気持ちよく寝ることができそうだ。
  • 昨日は寝ずにテスト勉強をしたので、テストが終わったら家に帰って寝る。
  • 寝る間を惜しんで取り組んだ仕事なのに、これで水の泡じゃないか。

注意点

「寝る」を使う際の注意点を以下にまとめます。

  • 不適切な使い方: 例えば、「あの人と寝る」という表現は、性的な意味合いを含む場合があり、不適切です。このような用法では、睡眠状態に入ることではなく、別の意味で解釈されることがあります。
  • ビジネスシーンでの使用: 「寝る」は状況によってはサボるという意味に捉えられることがあります。ビジネスシーンでは、間接的な言い回しを使う方が適切です。
  • 目上の方に対して: 目上の方に対して「寝る」を使うのは、少し失礼に感じられることがあります。適切な敬語表現を使いましょう。

カジュアルでの「寝る」の言い換え

寝巻に着替えて寝る女性

友達同士で使えるカジュアルな「寝る」の言い換え語を紹介します。

眠る

まずは、「眠る」です。

「寝る」よりも、睡眠状態に入っている様子を強調します。

「子どもがすやすやと眠る」のように、具体的に誰かがどのように眠っているかを伝えたいときに使うのがおすすめです。

大殿籠る

次は、「大殿籠る」です。

「寝る」に対して敬意を込めた古文由来の表現です。

普段使われることは少なく、大げさな響きがあります。

長年の付き合いがある友人に対して、おどけた調子で使いたいときにおすすめです。

寝落ち

続いて、「寝落ち」です。

何かをしている最中に寝てしまうことを指します。

「ゲームの途中で寝落ちした」のように使います。

寝っころがる

4つ目は、「寝っころがる」です。

体を横に倒して休むという意味で、寝ると同じシーンで使えますが、目上の人との会話では避けたほうが良いです。

就寝

5つ目は、「就寝」です。

「毎晩10時には就寝する」といったように、眠りにつくこと、寝ることの表現に使います。

就床

6つ目は、「就床」です。

「11時頃に就床する」など、寝床に入ることや就寝の表現として使います。

横になる

7つ目は、「横になる」です。

「寝る」よりカジュアルな表現で、家族や友達同士の会話で使いやすい言葉です。

ごろ寝する

8つ目は、「ごろ寝する」です。

体を横に倒して休むことを意味し、寝ると同じシーンで使えますが、目上の人との会話では避けたほうが良いです。

寝るのカタカナ・英語の言い換え

  • go to bed
  • sleepy
  • lie
  • スリープ

寝るの言い換えについてのまとめ

以上が「寝る」の言い換え語のおすすめでした。

いろいろな表現があることがわかりますね。

基本的な意味は同じでも、微妙なニュアンスの違いがあるため、場面や相手に応じて適切な言葉を使い分けましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次