「労力」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

「労力」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

本記事では、「労力」の代替表現や同義語(類義語)について解説します。

  • ビジネスシーンで使用できるフォーマルな表現
  • 友達同士で使えるカジュアルな表現

に分けていくつかのアイデアをまとめました。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「労力」の言い換え

タブレットで農業をする男性

ビジネスシーンで使えるフォーマルな表現を紹介します。

労働力

まずは、労働力です。

「労働力」は働く力を指し、「労力」の省略形としても使われます。

「社員の労働力は会社の利益に繋がっている」のように使うと良いです。

次は、労です。

フォーマルな響きを持ち、「労をいとわず」や「労に報いる」といった慣用表現を覚えると、ビジネス会話で大いに活用できます。

尽力

続いて、尽力です。

何かに力を尽くすことを意味します。

「ご尽力に深く感謝します」といったフレーズを覚えておくと、相手の労力に対してお礼を言う際に便利です。

人手

次は、人手です。

「うちは万年人手不足だ」というように、労働力を指す言葉として使われます。

「人出不足」という使い方が多いです。

辛労

次は、辛労です。

「辛労」は、つらくても肉体的に一生懸命努力をする環境を表します。

手間

次は、手間です。

「手間」は「物事をより良くするために努力すること」という意味合いで使われます。

「労力を惜しまない」というニュアンスで使えます。

骨折り

次は、骨折りです。

「お骨折りありがとうございました」といった具合に、大きな労力を払って行うことの表現として使うのがおすすめです。

苦労

次は、苦労です。

精神的・肉体的に力を尽くして苦しい思いをすることを意味します。

「苦労が絶えない」などの表現で使われます。

労力の意味とは

坂道を上がる車の模型

まずは「労力」の意味を確認してみましょう。

「労力」とは以下のような意味を持ちます。

基本的な意味

  • 何かを成し遂げるために心身を使うこと。
  • 目標達成に必要な人の働きや努力、骨折りのこと。
  • 仕事や活動に必要な肉体的、精神的な力や努力のこと。

例文

次に、労力を使った例文を見てみましょう。

  • この作業は予想以上に労力を必要とします。
  • コンピューターを使うことで、数字やグラフの処理にかかる時間と労力を大幅に削減できます。
  • 無駄な労力を使わず、必要なことだけに集中してください。

注意点

「労力」を使う際の注意点は以下の通りです。

  • 「労力をかけていただき、ありがとうございます」と言わず、「ご尽力いただき、ありがとうございます」と使う。
  • 少し堅い表現なので、日常会話で使うと相手に違和感を与えることがあります。
  • 簡単な作業に対しては使用しないようにしましょう。

カジュアルでの「労力」の言い換え

タブレットで農業をする女性

友達同士で使えるカジュアルな言い換え語を紹介します。

労苦

まずは、「労苦」です。

「労苦に報いる」といったように、心身が疲れ苦しい思いをすること、苦労することを表現する際に使用します。

努力

次に、「努力」です。

「努力が実る」といったように、ある目的のために力を尽くして励むことを表現する際に使用します。

助っ人

次は、「助っ人」です。

「セールの時は他の店舗から助っ人が来てくれる」といったように、人手不足の店舗へ応援として駆けつけるスタッフを表現する際に使用します。

手間

4つ目は、「手間」です。

「このプロジェクトは手順が多く手間がかかる作業が多い」といったように、計画段階から時間やリソースを見積もり、適切に配分することが重要であることを表現する際に使用します。

骨折り

5つ目は、「骨折り」です。

「骨折り損」といった慣用句を使うように、労力をかけたことを強調して表現する際に使用します。

苦労

6つ目は、「苦労」です。

「苦労」は「労力」と似ていますが、「苦労」は大変だったことを含むネガティブな意味合いがあり、「労力」は必ずしもネガティブな意味を持たない点が異なります。

労力のカタカナ・英語の言い換え

  • effort
  • エフォート
  • レイバー
  • labor

労力の言い換えについてのまとめ

以上が労力の言い換え語のおすすめです。

多様な言葉があることがわかりましたね。

基本的な意味は同じでも、微妙なニュアンスの違いがあるため、状況に応じて適切に言い換え語を使い分けましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次