「割る」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

「割る」の言い換え表現は?ビジネス・カジュアル別に解説!

この記事では、「割る」の同義語や言い換え表現を解説します。

ビジネスシーンやカジュアルシーンなど、実際に使える言い換え語をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

トレトレ

一緒に勉強していきましょう!

目次

ビジネスでの「割る」の言い換え

ビジネスシーンで使えるフォーマルな表現をいくつか紹介します。

下回る

「下回る」は、ある数量を基準としてそれ以下であることを意味します。

期待していた数量が実際にはそれ以下だった時に使います。

壊す

「壊す」は、物を破壊することを意味します。

「割る」よりも具体的な状況を示します。

区割り

「区割り」は、物を分ける際に使われる「割る」に対して、セールスなどの分割を決める時に使います。

砕く

「砕く」は、「割る」よりも意図的に破壊することを強調する表現です。

分解

「分解」は、一つの結合したものを要素や部分に分けることを意味します。

「割る」とは異なり、機械などを分ける際に使います。

分割

「分割」は、「割る」よりもフォーマルな表現で、ビジネスや正式な場面で使われます。

何かを2つ以上に分ける時に使います。

分割する

「分割する」は、「割る」よりも丁寧で知的な印象を与える表現です。

お客様や目上の人に説明する時に適しています。

分配

「分配」は、ビジネスシーンで利益の分け方を表す言葉で、「割る」よりも理性的な表現です。

「割る」の意味とは?

まず、「割る」の意味を確認しましょう。

意味

  • 一つのものを二つ以上に分けること
  • あるものを等分に分けること
  • ある物をいくつかに分けること

例文

  • 「私は手に持ったバットを思いきり振り下ろして、地面に置かれていたスイカを割った。」
  • 「空手の腕前を示すために、瓦を10枚積み重ねたものを正拳突きで割る。」
  • 「ホールケーキをパーティに参加した人数分で均等になるように割る。」

注意点

「割る」を使う際の注意点は以下の通りです。

  • 「割る」は別れを連想させるため、結婚式などでは使わない方が良いかもしれません。
  • 抽象的なものに対してはあまり使わない。
  • 物が壊れて分かれる状況を指す。

カジュアルでの「割る」の言い換え

友達同士で気軽に使える表現をいくつか紹介します。

きる

「きる」は、「割る」と似た意味を持ちますが、言い方によって異なる捉え方をされることがあるので注意が必要です。

簡単なニュアンスが伝わります。

シェア

「シェア」は、分けて共有することを意味します。

フランクな外来語で、新しい言葉なのでオシャレな感じがします。

バラす

「バラす」は、1つのものをバラバラにするイメージがあります。

物が複数に分かれる状況を表します。

わける

「わける」は、自分の持ち物や食べ物を「分けようか」と軽い感じで使います。

分割よりも簡単で明瞭な表現です。

壊す

「壊す」は、「割る」よりも広範囲の対象に使える表現です。

句切る

「句切る」は、文章などを区切る際に使います。

切る

「切る」は、数値を下回る意味でも使われますが、「割る」が下回ってほしくない基準より低い場合に使うのに対し、「切る」はプラスマイナスどちらの意味でも使えます。

例えば、「タイムが10秒を切る」のように使います。

分ける

「分ける」は、「割る」よりもフランクな感じが出ます。

食べ物を半分こする時などに使うと良いでしょう。

分け前

「分け前」は、「分配」から派生した言い方で、少し古めかしい表現です。

冗談が通じる相手に使うと面白いです。

割るのカタカナ・英語の言い換え

  • セパレート
  • divide
  • break
  • Fall below
  • デバイス
  • ハーフ
  • ブレイク

割るの言い換えについてのまとめ

以上が「割る」の代替表現のおすすめでした。

さまざまな言葉があることがおわかりいただけたと思います。

ニュアンスの違いもあるので、状況に応じて使い分けていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次